バンコク → ビエンチャン を夜行バスで国境越え

こんにちはタッティー(@tattykun1)です。” バンコク ”からビエンチャンまでバスで移動しました。

 

title

ようやくひとり旅に慣れてきました笑

 

今回はタイのバンコクからラオスのビエンチャンまでの移動です

実際に僕が使ったのは夜行バス(sleeping bus)です

バンコクからビエンチャンまで移動する際は飛行機ではなく夜行バスでオススメする理由も含めて紹介して行きます

 

選んだ理由バンコク→ビエンチャンまでの移動を夜行バスに

バンコクからビエンチャンには飛行機・電車・バスの主に3つの移動方法があります

飛行機

時間が短縮できるが料金が高い

電車

料金は安いが乗り換えなどがあり色々難しい

バス

料金も安く目的地まで直行で行ける

 

少しでも安い料金で移動したいがめんどくさい事はしたくなかったので僕は夜行バスで行きました!

 

これらの特徴から料金が安いことと移動が簡単なことを重点的に選ぶなら夜行バスで移動することをオススメします!

 

バンコク →ビエンチャンまでのチケットの購入方法と乗車

僕が選んだのはトランスポート社のリッチなバス

 

タイチケットメジャーなどでオンライン予約などができますが僕はバスのチケットをバスターミナルで直接購入しました

 

オンライン予約しなかった理由は以下です

  • 手数料が取られてちょっと割高
  • チケットを発行した後、バンコクに点在しているチケット受け渡し場所みたいなところに行かなければならなかった事です

 

10月は混雑してなかったみたいで、乗客はバスの席数の半分もいかない人数だったので「定員オーバーで乗れなかった」とう心配はないと思います

 

出発はPM.9:00

バスの出発地点であるモーチットバスターミナルに当日の1時間前に行き

PM.8:00頃にチケットを直接購入

 

バンコクからビエンチャンのスリーピングバスの乗り場は108番(※2018年10月)

こんなバスに乗ります

 

バス出発から到着まで

出発時間のPM.9:00とほぼ同時刻に出発

 

予め席に用意されていた軽食です

水分はわりかし多めなので事前に買っておかなくても大丈夫です。後に夜食の時間があるので食事も済ませてこなくてもいいと思いま

バスの車内はこんな感じで一人当たりのスペースが多く快適に移動することができます

 

夜食休憩

 

午前0時頃に夜食休憩の時間があります

よくわからんけどいっぱい食べました

 

バスのトイレ事情

このバスの中にはトイレがあります。僕は急にお腹を下してトイレに駆け込みました

「東南アジアのバスのトイレなんて汚いやろ」なんて思ってたのですが、

意外とトイレは清潔でした。問題ありません!

 

タイからラオスへの国境越え

国境越え自体は特に何もありませんが、

  • バスの出発前に集めた5バーツ
  • ラオス入国時の50バーツ

合計55バーツが必要になることくらいです

この集めたお金は何なのかわからなかったですが必要なことなのでしょう笑

 

国境を越えて少ししたら到着です!

 

到着したのはこのKhua Din Bus Station

到着したらトゥクトゥクのオッチャンがバスまで入ってくる入ってくる笑

バス停から宿泊先まではそこまで遠くなかったら避けながら行きましょう!

 

バンコク→ビエンチャンのまとめ

 

料金 900バーツ
出発場所 モーチットバスターミナル
購入方法 バスターミナルで直接購入
時間 PM.9:00→AM.7:00の約10時間

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA