首都 ビエンチャン を1日で観光するモデルルート

首都の”ビエンチャン”を訪れていたタッティー(@tattykun1)です。

title

現在はラオスのルアンパバーンからハノイまでの長距離バスの約27時間の移動の真っ最中です。めちゃくちゃしんどいです笑

さて今回は、僕が訪れたラオスの首都であるビエンチャンの観光情報を実際に僕がたった1日で観光した方法を紹介したいと思います。

ラオスの首都ビエンチャンの基本情報

ビエンチャンは世界1最も何もない首都

と言っても過言ではないくらいの町でした

▼こちらがビエンチャンです

正直言ってビエンチャンを観光する日数は1日で充分ですが、見所はあります!

 

ビエンチャン観光の1日のモデルルート

 

  1. タート・ルアン
  2. 自転車をレンタル
  3. アヌサーワリー・パトゥーサイ
  4. タート・ルアン
  5. タラートサオ
  6. ナイトマーケット(メコン川)

 

僕が実際に観光したルートです

※寺院系はタイで飽きてしまったのでビエンチャンの寺院は厳選しました

 

観光スタートは午前12時

 

ビエンチャン観光のモデルルート①タート・ダム

▼タート・ダム

よく分からんかったから飛ばしても良し!

 

自転車をレンタル

ほんとは歩いて観光するつもりでしたが、たまたま自転車のレンタル屋さんを見つけてなどで借りちゃいました

料金は15000キープ

グーグルマップにはお店は記載されてなかったのですが、後に紹介するタラートサオというショッピングモールの道を挟んで向かい側に自転車のレンタル屋さんがあります

▼自転車のレンタル場所

 

ビエンチャン 観光のモデルルート②アヌサーワリー・パトゥーサイ

アヌサーワリー=記念碑

パトゥーサイ=勝利の門

という意味です

どこからどう見てもパリの凱旋門のパクリにしか見えない・・・

それを模様して作ったのか・・・

それにしてもカッコ良かったです!

この上に登るのは結構しんどかったですが、そこから一望できる景色は最高でした

パトゥーサイには公園があり反対側にはこのような黄金の平和の象徴みたいなんもカッコ良かったです

 

ビエンチャン観光のモデルルート③タート・ルアン

黄金に輝くタート・ルアン

色々な寺院見てきたけど圧巻!

タート・ルアンを見るためだけでもビエンチャンに来る価値あり

▼タート・ルアン

 

ビエンチャン観光のモデルルート④タラートサオ

 

ビエンチャン(ラオス)で一番でかいモールがタラートサオ

▼タラートサオ

その中の写真がこれらです

shop shop

2階より上がほとんど閉まっていて廃れていました・・・

ほんまに一番でかいモールなんかな?

ラオスが心配になった瞬間です笑

 

ビエンチャン観光のモデルルート⑤ナイトマーケット(メコン川)

 

観光客に人気のナイトマーケット

昼間はやってないですが夜になるとメコン川沿いにズラーとお店が並びます

日用品から食べ物まで色々なものが置かれているので面白いです

ただめちゃくちゃ混んでいるので注意してください。僕はすぐにギブアップしてしまいました

 

ビエンチャン観光のその他のオススメ

 

ブッタパーク

市街地より少し離れた所にあるブッタパーク

バスやバイクで約1時間の所にあります

午後からの観光だったため諦めました

 

ワット系の寺院

個人的には寺院は見飽きていたので割愛しました

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

もう一度言いますがビエンチャンの観光は1日もあれば充分です!

ラオスを訪れる際はビエンチャンは1日で終えて、ヴァンビエンやルアンパバーンに滞在することをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA