バンビエン をバイクで1日観光するモデルルート

どうもタッティー(@tattykun1)です。先日は“バンビエン”に訪れていました。

現在はベトナムに来ております

さて今回は田舎町バンビエンの観光とその魅力についてです

実際に僕が観光したルートを元にバンビエンをバイクで1日観光するモデルルートを紹介していきます

 

バンビエン の基本情報と特徴

title

バンビエンの街がとても小さい所で、ラオスの首都ビエンチャンからバスで約4時間ほどの距離に位置しています

▼バンビエンの場所

バンビエンの街の周りには大自然の山々が連なって、その大自然を利用したアクティビティが楽しめる場所となっています

 

バンビエンでの観光の移動手段

 

バンビエンの観光スポットは街からそれぞれ離れていて歩いて行ける距離ではないので、観光する際は主にこの3つの移動手段があります

  • 自転車
  • バイク
  • バギー

自転車がオススメな人

 

  • 費用を安く抑えたい人
  • ゆっくり街の風景を楽しみたい人

 

デメリット

回るのに時間がかかる・しんどい

バギーがオススメな人

 

  • 変わったことがしたい人

 

デメリット

汚れる・費用が高い

バイクがオススメな人

 

  • 費用を安く抑えたい人
  • 移動を楽にしたい人

 

デメリット

当たり障りがない

 

できるだけ費用を抑えつつ移動は楽にしたかったので僕はバイクを選びました

どの移動手段でも楽しめますので参考程度になればいいと思います

 

バイクのレンタルの仕方

 

バンビエンにバイクをレンタルする場所はいっぱいあります。特にSakura bar付近にはたくさんのレンタル屋さんがあるのでこの辺で借りるといいです

▼ここがSakura bar

バイクの種類は

  • オートマ(AT)
  • マニュアル(MT)
  • オフロード

ラオスの道はあまり舗装されていなく、ましてや田舎のバンビエンなので砂利道ばかりなのでオフロードが本当はいいのですが、料金が高く設定されているので僕はマニュアル(MT)のバイクを借りました。

 

これがレンタルしたバイクです

マニュアル(MT)と言ってもカブと同じようにクラッチがないバイクなので半分オートマ(AT)のようなバイクなのでそれほど操作は難しくないです

バイクレンタルの費用

  • 料金は40000キープ(約524円)
  • ガソリン代が10000キープ(約131円)

 

ヴァンヴィエンをバイクで1日観光するモデルルート

ではでは本番のヴァンヴィエンをバイクで1日観光するモデルルート

僕が観光した場所はたったの3つ

  1. タムチャン洞窟(Tham Chang Cave)
  2. ビューポイント(Pha Ngern View Point)
  3. ブルーラグーン1(Tham Poukham Blue Lagoon)

バンビエンの観光はこれらで充分です!

これから順番に紹介していきます

 

タムチャン洞窟(Tham Chang Cave)

最初に訪れたのはタムチャン洞窟

タムチャン洞窟はバンビエンで一番有名な洞窟です

▼タムチャン洞窟(Tham Chang Cave)

これがタムチャン洞窟に入るための料金所です

この料金所はタムチャン洞窟の敷地に入るための所で、タムチャン洞窟の中に入るためにはもう一度支払います

 

まずはこの急斜面の階段を登っていきます

これが結構しんどくて、休憩なしでは登れませんでした笑

階段を登って見返すとやっぱり急斜面笑

中には鍾乳洞?

的なものがありすごかったです

どんどん中に入っていくと

絶景ポイントがあります

洞窟はあんまり興味のない僕ですが神秘的でなんか心のそこから「すげーな」って感情になりました。

 

ビューポイント(Pha Ngern View Point)

タムチャン洞窟の後に訪れたのはビューポイント

ビューポイントは標高660mの山を約40分ほど登ると絶景が見れる所です

▼ビューポイント(Pha Ngern View Point)

この山結構曲者です

旅に出るまで体を動かしていたはずの僕がフラフラになりながら登りました

この辺の山は全部尖った形の山で、急斜面だらけで思ったよりも時間がかかります

結構登るのが難しいと感じましたが、女性や子供も登っていたので時間はかかりますが登れます!

頂上からの景色でまさに絶景!!

写真では伝わりにくいですが、しんどい思いをしてからのこの景色は言葉も出ませんでした笑

絶景ポイントと言うことでパシャりと撮ってもらいました

僕がバンビエンで一番感動した所です!

 

ブルーラグーン1(Tham Poukham Blue Lagoon)

ビューポイントの後に訪れたのはブルーラグーン1

ブルーラグーン1はバンビエンで最も人気なブルーラグーンです

▼ブルーラグーン1(Tham Poukham Blue Lagoon)

ブルーラグーンはでは川遊びができるスポットとなっています

何と言ってもこの綺麗な青緑色の水がいいですよね

このブルーラグーン1には多くの観光客(韓国人・欧米人)が訪れています

僕が訪れたのが休日だったので人でパンパンだったのであまり泳げませんでした

もし1人で訪れる際は他のブルーラグーンの方がゆったりとできるのでそっちの方をオススメします

 

バンビエンのその他の観光スポット

その他の洞窟

バンビエン周辺にはたくさんの洞窟があります

洞窟が好きで好きでタムチャン洞窟では物足りない方は他の洞窟を回ることもオススメ!

その他のブルーラグーン

バンビエン周辺には他にもブルーラグーンがいくつかあります

ブルーラグーン1は人気がありすぎて人で溢れかえっていますので、少し街から離れていますがゆっくりとブルーラグーンを楽しみたい方はオススメします

 

バンビエンの魅力

バンビエンは観光に行かなくても楽しめる街です

バンビエンは田舎なので、その辺の景色も自然を感じれて落ち着けます

ブルーラグーンに行かなくてもどこでもブルーラグーン笑

街中では気球も飛んでいます

でっかいサンドウィッチが10000キープ(約130円)

しかもおいしい!

 

まとめ

いかがでしたか?

バンビエン の魅力は伝わったでしょうか?

1人でゆっくりするのもよし、グループで騒ぎに来るのもよし

バンビエンの田舎の雰囲気を楽しんで見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA