【大学生が ” 世界一周 ” の旅に出る理由】

” 世界一周 ” をしようと思ったきっかけ

 

僕は大学生で海外を経験できるのは短期間の旅行留学しか方法がないと思っていましたが、大学生でも世界一周ができると知った時にはすでに世界一周のに出ようと決意していました。

 

僕を感覚的に行こうと思わせたのは何なのか?

 

それを自分なりに整理をして世界一周に行く理由を書いていきます。

 

世界を全然知らない

テレビやSNSなどで誰でも世界の様々の情報を知る機会がありますが、実際に行ったり目にする事で思っていたものと違うのです。

 

スポーツを見てきたことある人はわかると思いますが、画面越しに見るのと直接その場で見るのとでは全然違います。その場の空気感や臨場感や雰囲気など画面越しでは感じ取ることの出来ないものを感じ取れます。

 

そんな世界中の様々なところを肌で感じ、本当の意味での世界の情報を知りたいからです。

 

価値観が日本基準

日本では当たり前のことが海外では考えられないことだったり、日本では考えられないことが他の国では当たり前に行われていたりすることがあるのです。

 

難しい話ですが、GDP(国内総生産)という国の裕福度(豊かさ)を示すものがあり、日本は世界GDPランキング第3位とものすごく高い数字なのですが、幸福度を示す幸福度ランキングでは第54位とGDPに比べると低い数字になっています。

 

日本は他の国と比べて裕福なはずなのに、幸せと感じることが出来ていないのが現状だと思います。

 

人は色々な経験を通して考え方や価値観が変わって行くものなので、時には自分の価値観を崩しながら些細な幸せも感じ取れるような新しい自分と出会いたいからです。

 

自分とは何か

僕は大学生でこのまま順調に行けばブラック企業に就職したとしてもそれなりにお金に困らない生活が待っていますが、果たしてそれが自分にとって幸せなのかわからないです。

 

本当にやりたい事は何なのか、自分に合っていると事なのかは現在のマンネリ化した生活を送っていてもその答えには辿り着きません。

 

このマンネリ化した生活から抜け出し世界中の国々という環境に変えて刺激を自分に与え続ける事で本当にやりたい事、自分に合っている事、自分にとっての幸せを見つけ出したいからです。

 

まとめ

僕は大学生という社会人と比べて動きやすい環境ですが、色々な人からの「本当に世界一周するん?」という声や反対の声がありましたが世界一周に出ることを決意しました。

 

実際に英語は全く喋れないし、海外に行った経験はほとんどないので物凄く不安ですが、そんな不安を遥かに上回るゾクゾク感が僕を駆り立てました。

 

チャンスがあるならチャレンジするべき!

 

もし世界一周に行ったことが失敗だったとしてもそれを経験に変える事で世界一周に行ったことに意味ができます。

 

人生一度きり、やりたいことをやらずに生涯を閉じる事は出来ないはずです。

 

是非、世界一周に出ましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA