【大学生の賢い バイト の選び方】

失敗を経験して学んだ私が効率よくアルバイトするための バイト の選び方を紹介していきます。

大学生になって初めてバイトをする人は多いのではないでしょうか?

 

私も高校生までは部活動に励んでいたため、初めてバイトをしたのは大学生からです。

 

大学生になってアルバイトを始めた人がアルバイト選びに失敗しているのをたくさん見てきました。

 

私自身もその1人です。

 

経験を積める

アルバイトは様々な職種があり、その職種によって身に付けることの出来るスキルが違ってきます。

 

接客業であれば人と対話するスキルがつきますし、塾の講師であれば教えるスキルがつきます。

 

1つのバイトを大学4年間継続することによって経験できることもあると思いますが、色々な職種のアルバイトを経験することによって視野が広がります。

 

将来を見据えて自分が身に付けたいスキルを基準にアルバイトを選ぶことも1つです。

 
 

時給&何時間 バイト できるか

同じ1時間働くのであれば、高い時給の方が絶対にいいです。

 

しかし高い時給であってもバイトできる時間が短ければ収入は少ないです。

 

高い時給だったとしても週に1回程度しか入れなかったら稼ぎが少なくなってしまうものです。

 

それに比べて、最低賃金で週3回入っている人はアルバイトをする時間が長く取れるので、高い時給の人よりも稼ぐことができます。

 

アルバイトをしたい時間にどれだけアルバイトに入れることが出来るかが高収入に繋がってきます。

 

稼ぎたい人であれば人手不足の所を、ちょっとしか稼がなくていい人は人手が足りている所など自分に合ったバイト先を見つけることが重要です。

 

バイト先の近さ

時給が良くてもバイト先が家や学校から遠かったりするともったいないです。

 

時給1000円×5h、移動時間往復1h30m

 

時給900円×6h、移動時間往復30m

 

両方とも合計時間が6h30mですが
時給1000円の方は5000円
時給900円の方は5400円
時給の安い方が400円多く稼いでいます。

 

なのでアルバイトを選ぶときは近さも重要になってくるのです。  

 

まとめ

以上の3つの

  • 経験を積める
  • 時給&何時間バイトできるか
  • バイト先の近さ

 

これらを元に自分にとって最適なアルバイトを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA